ニュージャージー州でのSBS無罪判決

2018年8月17日、ニューヨークのお隣にあるニュージャージー州の重罪裁判所(Superior Court 日本での地方裁判所にあたります)が、SBS事案で虐待を疑われた父親に対し、無罪判決を言い渡しました。

この裁判では、検察側の専門家証人と弁護側の専門家証人がそれぞれ証言し、SBS仮説の信頼性や、状態がおかしくなった赤ちゃんを揺さぶったり、お尻を強めに叩いたという父親の「自白?」をどう評価するかが問題になりました。

 この事件では、病院に搬送された生後11週(3カ月弱)の赤ちゃんに硬膜下血腫や網膜出血が認められました。一緒にいた父親から、被害児には明確な外傷エピソードが語られませんでしたが、赤ちゃんの体には他に外傷等虐待を疑う所見もありませんでした。2014年のスウェーデン最高裁の無罪判決と非常に似た事例です。むしろ父親は、調子のおかしくなった赤ちゃんを心配して、母親に相談するメールなどを送っていました。

検察側の中心的な専門家証人は、虐待小児科医のマリア・マックコルガン医師でした。マックコルガン医師は、”被害児が負った傷害について、説明可能な原因や医学根拠が示されない限り、非事故(虐待)的な外傷である”と証言したのです。

しかし、モハメッド裁判官は、「検察官証人が結論として述べた”被害児が負った傷害について、説明可能な原因や医学根拠が示されない限り、非事故(虐待)的な外傷である”との説明は、検察官が負うべき立証責任を、潜在的に弁護側に転換するものだ」(Dr. McColgan’s conclusory statement that P.J. suffered non-accidental trauma, “absent another explainable cause or medical condition of P.J. ‘s injuries,” has the potential effect of shifting the burden of proof to a criminal defendant, when he has none.)とした上で、「彼女の供述は、大いに問題であり、予断に満ちたものであって、採用できない」(the Court finds Dr. McColgan’s statement
that she concluded non-accidental trauma absent another explainable cause or medical condition of P.J. ‘s injuries to be highly problematic and highly prejudicial. As such, the statement is not admissible.)としました。

そして、エドモンズ再審判決、スウェーデンSBUの系統的レビューバーンズ医師の論文なども引用し、詳細な判断を示して、無罪を宣告したのです。

例えば、マックコルガン医師の証言について、「多くの科学の発展ー生体力学モデルや動物を使った研究や、被告人の行為によって被害児の傷害が生じたものではないことを示唆する医学文献ーによって、その根底が揺らいでいる」としました。そして、「新たな研究は、網膜出血の数多くの原因可能性を明らかにした。さらに、新たな科学は、被害児が負っていたような慢性硬膜下血腫が、軽微な外力あるいは外力がなくても、再出血して脳に傷害を与えることを明らかにしている」とも述べました。

  Dr. McColgan’ s conclusion is undermined by a number of scientific developments: studies using biomedical models, studies using animal models, and medical literature that suggest that P.J. ‘s injuries could not have· resulted from the Defendant’s actions. They further opined that new and emerging research has uncovered a number of possible causes of retinal hemorrhages. Additionally, they opined that emerging science has revealed that chronic subdural hematomas, like the ones that P.J. had, may rebleed with little to no trauma, causing further brain injury.

つまり、網膜出血や硬膜下血腫から、虐待的な揺さぶりがあったと推測するSBS仮説には、十分な医学的根拠がないとして無罪と判断したのです。2018年5月にアメリカの虐待小児学会の医師たちは「医学的疾病としてのAHTを診断する方法論については論争はない」(There is no controversy about the methodology used to diagnose AHT as a medical disease.)などとする共同声明を発表し、日本小児科学会もこれに賛同しています。しかし、この判決も詳細に述べているとおり、論争はないどころか、次々と疑問が明らかになってきているのです。

日本の裁判でも、このような判断を是非参考にしてもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です