3メートル以上の高位落下の証拠がなければ虐待?

三主徴(硬膜下血腫・網膜出血・脳浮腫)が揃っていて、3m 以上の高位
落下事故や交通事故の証拠がなければ、自白がなくて(ママ、「も」が脱落?)SBS/AHT である可能性が極めて高い」

これは、日本で虐待を防止しようと医師向けの啓蒙活動を行っているグループが公表している「SBS/AHT の医学的診断アルゴリズム」の冒頭に掲げられている表現です。つまり、養育者が「3メートル以下から落下したことがある」と説明しても、「虐待」である「可能性がきわめて高い」とされてしまうのです。

え?と思いませんか。3メートルと言えば、バスケットボールリンクの高さ(10フィート=約305センチ)とほぼ同じです。そんなところから赤ちゃんが落ちれば、三徴候以前に、命が助かる方が好運でしょう。3メートル以下で三徴候が生じないという根拠は全く不明です。実は、SBS論を推進する論者の間でも高さについての議論はまちまちで、1.5メートルと言ったり、90センチと言ったり、はたまた5メートルと言う医者もいます。さきほどの「アルゴリズム」は一体、どこから3メートルという数字にしたのでしょうか?その根拠は何なのでしょうか?

想像するところ、以前述べましたように「脳浮腫=びまん性軸索損傷」という前提があるのではないかと思われます。つまり、「脳浮腫=びまん性軸索損傷→びまん性軸索損傷は激しい衝撃がなければ生じない→高位落下でなければ生じない→3メートル以上の落下が必要→3メートル以下の落下の場合は揺さぶり等による虐待だ」という論理です。仮にこの想像が当たっていたとすれば、その論理は正しいでしょうか?

結論から言えば、これこそ「論理の飛躍」の典型です。SBS理論にみられる論理の誤りは、これからいくつも指摘していくことになりますが、ここで一つだけ指摘しておけば、仮に「びまん性軸索損傷は激しい衝撃がなければ生じない」というのであれば、「揺さぶりでも生じないはずだ」と考えるべきです。少なくとも「揺さぶりでも生じないのではないか」と疑問を持つべきです。ところが、SBS論者たちは、そのような疑問を持つこともなく、「交通事故か3メートル以上の高位落下の証拠がなければ」「揺さぶりなどの虐待だ」としてしまうのです。

日本では、この「医学的診断アルゴリズム」を学んだ多くの医師たちが、三徴候が見られた場合に「虐待の疑いが強い」として児童相談所や警察に通報を続けているのです。これでいいのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です