脳浮腫の原因はびまん性軸索損傷か?

医学専門的な話になってしまいますが、SBSをめぐる刑事裁判で、「暴力的な揺さぶりがあった」と決めつけようとする検察側証人の医師は、三徴候の一つとされる「脳浮腫」の原因について、「揺さぶりによって、びまん性軸索損傷が生じたのだと推定する」と強調します。

「びまん性軸索損傷」というのは、簡単に言うと、脳の中の広い範囲で(医学的にはそのような場合を「びまん」といいます)、神経が切れてしまうことです。もし、虐待によって、このようなびまん性軸索損傷が起こったとするのであれば、それは大変なことです。

しかし、「揺さぶりによって、びまん性軸索損傷が生じる」という根拠は示されません。「どの程度の揺さぶりによってびまん性軸索損傷が生じるのか」「そもそも揺さぶりによってびまん性軸索損傷は生じるのか」について、何の医学的データもないのです。逆に、イギリスの神経病理医であるゲッデス医師は、脳浮腫を生じた乳児の死亡例を数多く解剖した結果、びまん性軸索損傷はほとんど起こっていないこと、脳浮腫の多くは、低酸素脳症によるものであることを確認しました。

びまん性軸索損傷があったかどうかは、解剖した上で、顕微鏡での病理検査をしてみないとわかりません。ところが解剖していない事例でも検察側証人は、「びまん性軸索損傷だ」と証言するのです。検察側証人も、解剖して顕微鏡で見ないとわからないことは認めます。では、どうして「びまん性軸索損傷が生じた」と言えるのでしょうか。ある医師は「画像で、脳浮腫が短時間でできたことから推認しているにすぎません」と述べました。脳浮腫の原因が問われているのに、脳浮腫ができたことから推認するというのは、スウェーデンのSBU報告書が述べる循環論法そのものではないでしょうか。ちなみに、「びまん性軸索損傷」が生じた場合に、「短時間で脳浮腫ができる」という医学的根拠も示されていません。逆に、一般的には「びまん性軸索損傷」は画像上で可視化される症状はほとんどみられないとされているのです。

脳浮腫の原因はびまん性軸索損傷か?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 3メートル以上の高位落下の証拠がなければ虐待? | SBS(揺さぶられっ子症候群)を考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です