解説「SBS/AHTについてのかみ合った議論のために―AHT共同声明を中心に」を公開しました。

このブログ開設以来、SBS検証プロジェクトは、約2年半の間に多くの発信をしてきました。これまでの発信のうち、特に「AHT共同声明」の問題点について、1つにまとめた解説「SBS/AHTについてのかみ合った議論のために―AHT共同声明を中心に」SBS検証プロジェクトのホームページで公開しました。是非ご一読ください。→こちら

2 replies on “解説「SBS/AHTについてのかみ合った議論のために―AHT共同声明を中心に」を公開しました。”

  1. […] その他にもフォーラム記事には、三徴候の診断について、「医師は様々な検査をして三徴候以外にも骨折やあざなどの身体状況、病歴、発達などを見て、親の説明を聞き、総合的に判断します」「日本、米国、スウェーデンの小児科学会など世界の15団体が、法廷では医学的根拠のない仮説が飛び交う状況になっているなどと指摘する国際共同行為声明を発表しています」などと、私たちから見れば、首を傾げざるを得ない内容が、何の留保もなく記載されています。これらの記述がなぜ問題なのかについては、これまでこのブログで繰り返し指摘してきましたので、ここでは繰り返しません。また、SBS/AHTの最近の議論状況、特にフォーラム記事にあるようなSBS/AHTを主導する立場からの反論については、季刊刑事弁護103号(2020年秋号)の特集「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)事件の現在地」でも詳しく述べられています。これらの記事を是非参考にしてください。 […]

  2. […] その他にもフォーラム記事には、三徴候の診断について、「医師は様々な検査をして三徴候以外にも骨折やあざなどの身体状況、病歴、発達などを見て、親の説明を聞き、総合的に判断します」「日本、米国、スウェーデンの小児科学会など世界の15団体が、法廷では医学的根拠のない仮説が飛び交う状況になっているなどと指摘する国際共同行為声明を発表しています」などと、私たちから見れば、首を傾げざるを得ない内容が、何の留保もなく記載されています。これらの記述がなぜ問題なのかについては、これまでこのブログで繰り返し指摘してきましたので、ここでは繰り返しません。また、SBS/AHTの最近の議論状況、特にフォーラム記事にあるようなSBS/AHTを主導する立場からの反論やその評価については、季刊刑事弁護103号(2020年秋号)の特集「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)事件の現在地」でも詳しく述べられています。これらの記事を是非参考にしてください。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です