AHT共同声明の問題点(4)-区別する基準が存在しない

(1)循環論法、(2)確率の誤謬、(3)自白への依存AHT共同声明の問題点を指摘してきました。4つめの問題として、虐待とそれ以外を区別する基準が存在しないという問題点を取り上げましょう。この点については、すでに「なぜ議論はすれ違うのか-わからないことは、わからない」の中でも取り上げています。しかし、重要な問題なので、繰り返し取り上げたいと思います。

共同声明は、AHTの診断方法について「他の医学的診断と同様に行われる。つまり病歴、身体所見検査所見と画像所見で得られたすべての情報を考慮し行われる」と述べます。ここでも、それだけを読めば、非常にもっともなことを述べているかのようですが、結局何も言っていません。「すべての情報を考慮する」と言っても、それだけでは虐待とそれ以外を区別する基準とならないことは当然です。

そもそも「揺さぶり」あるいは「虐待」に特有の所見などありません。一見それらしきことが述べられることもあります。例えば、①大脳鎌付近の薄い硬膜下血腫は揺さぶりに特徴的だ、②複数の硬膜下血腫は揺さぶりの可能性が高い、③多層性多発性の網膜出血は揺さぶりに特徴的だ、④網膜皺襞と分離症はAHTに特異な所見といえるなどの議論です。しかし、それらが基準と言えるためには、それぞれがどうして区別する基準となるのかについて、証拠と科学的根拠が必要です。例えば①について言えば、大脳鎌付近の薄い硬膜下血腫は、低位落下や転倒事故でも見られます。②も同様です。③多層性多発性の網膜出血は脳圧亢進によって生じます。そして網膜出血があれば、④の網膜皺襞・分離症は生じてしまいます。そもそも揺さぶりによって、架橋静脈破綻の閾値を超えたり、網膜出血を生じるという立証そのものがなされていません。硝子体が網膜から牽引されるなどと説明されることがありますが、SBS論者による推測にすぎず、実験などで確認された訳でもありません。揺さぶりによって、眼球内の硝子体と網膜の間に出血や網膜分離を伴うような力が加わることが確かめられたことはないのです。逆に、揺さぶりによって、網膜出血等は生じなかったという実験結果が報告されています。もちろん、多層性多発性の網膜出血が揺さぶりに特徴的だ、ということを示す証拠もありません。あるのはせいぜい立証されていない仮説だけなのです。結局、証拠と科学的根拠に支えられた基準など存在しないのです。

では、共同声明が重視する「根拠」は何でしょうか。共同声明には、次のような表現がでてきます。

「2016年にはナーランらが、AHTと乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)のいずれもが医療コミュニティの中で一般的に承認されている診断であることを明らかにした」「現在では医学文献でも、支配的な臨床経験や臨床判断においても、AHTは揺さぶり、揺さぶり・衝撃、そして直達外力のみによって生じることが示されている」「AHTは60年以上にもわたって医学文献に現れ続けてきた。そして25カ国以上の1000人以上に及ぶ医学者によって、1000以上の査読を受けた臨床医学論文が発表されている」

「一般に承認」「臨床経験」「臨床判断」「医学文献」などなどです。つまり、「多くの医師たちが、経験上承認してきたものであるから正しい」「多くの医学文献に書いてあるから正しい」というものです。

言うまでもありませんが、多数決は証拠ではありません。「承認」「経験」「判断」はいずれも意見であって、証拠そのものではありません。「医学文献」も、証拠に基づいているかどうか、基づいているとしても、その証拠の「質」が重要です。「数」の問題ではないのです。曖昧な経験主義、多数決論理を排し、証拠を重視しようという考え方こそが、「根拠に基づく医学」(Evidence Based Medicine=EBM)です。スウェーデンのSBU報告書はこのEBMの観点から、約3800もの医学文献を精査した結果として、証拠が不十分で、医学的な根拠が不確実であると評価したのです。共同声明がすべきことは、その評価を真摯に受け止めることであって、数を持ち出して、自らの仮説に固執することではなかったはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です