AHT共同声明の問題点(その3)-自白への依存

SBS仮説をめぐる大きな論点の一つが、「揺さぶりのみによってSBSとされるような頭蓋内損傷(三徴候)が生じるか」です。仮に揺さぶりのみで三徴候が生じるとしても、逆に三徴候がある場合に揺さぶりと言えないことは当たり前です。今回の国際セミナー・シンポウェィニー・スクワイア医師は、「インフルエンザで頭痛は生じる。しかし、頭痛があるからと言って、インフルエンザとは言えない」という例を挙げておられましたが、本当にそのとおりです。ただ、ここではその議論はひとまずおきましょう。「揺さぶりのみで三徴候が生じる」というSBS仮説の大前提そのものが揺らいでいるのです。その大前提は、自白に依存しているからです。

AHT共同声明は「虐待された子どもの損傷を生じさせるために、揺さぶりだけで足りるのか、 それとも揺さぶりに直達性の外力が加わる必要があるのかという点に関しては、いまだに 争いが見られる」とした上で(この論点の設定そのものが「揺さぶり」にこだわっている点で間違っているのですが、それはひとまずおきましょう)、「注意しておかねばならないのは、その後、むち打ちや揺さぶりが行為者たちの自白によって繰り返し確認されてきたことである」「自白によれば、明らかに揺さぶりのみでAHT は生じる」と述べているだけなのです。つまり、揺さぶりによって三徴候が生じるとする客観的な証拠はないのです。ビデオ撮影された揺さぶりや目撃された揺さぶりによって三徴候が生じたという報告は1件もないのです。スウェーデンのSBU報告書は、SBS仮説の根拠として自白しかないことを問題視しています。共同声明もその指摘を認めざるをえないのです。

これだけ、動画の時代になっているのに、本当に揺さぶりで三徴候が生じるのであれば、不思議なことと言えます。さらに不思議なことがあります。不幸にして交通事故を起こした車両に乗り合わせていて、頸椎捻挫などになってしまう赤ちゃんはたくさんいます。人間が手で揺さぶるより、はるかに大きな力が赤ちゃんの脳にはかかっているはずです。ところが、そのような赤ちゃんにも、三徴候が生じたという報告はないのです。さらに、2018年4月12日付NEW YORK DAILY紙(電子版)によれば、あるベビーシッターが14カ月の子どもを激しく揺さぶっている様子がカメラで捉えられ、ニューヨーク市警に逮捕されましたが、その被害児には三徴候は認められませんでした(”Woman caught shaking baby on nanny cam charged with harassment, child endangerment”)。

仮に、揺さぶりの自白があり、実際に自白どおりの揺さぶりもあり、かつ、三徴候が確認された例があったとしましょう。しかし、それでも実は不十分です。なぜなら、その自白された「揺さぶり」が真に三徴候の原因かどうかは別問題だからです。基礎疾患が原因で三徴候が生じたのかも知れません。実際、赤ちゃんの急変を目の当たりにした養育者は、揺さぶってしまうことがよくあります。また、何か原因になることはなかったかと問い質されて、「そう言えば、あの時…」などと思ってしまうものです。実は、2014年のスウェーデン最高裁無罪判決の事例でも、被告人となった父親は、赤ちゃんが急変したことに驚き、揺さぶったと供述しています。スウェーデン最高裁は、この供述について「揺さぶりは⽐較 的慎重なものであり、暴⼒的な揺さぶりとは全く異なる」として、虐待の根拠とはできないとしました。

ところが、捜査機関は、このような揺さぶりの「自白」があると、被疑者に対し、その揺さぶりが激しかったものであったかのように追い詰めていくことが多いのです。刑事弁護にかかわる立場からすれば、常識と言っていい話ですが、疑われた人の供述は、強要、誘導、かばい立てなど、様々な理由・動機によって歪められてしまいます。SBU報告書が述べるとおり、「質の低いエビデンス」です。しかも、自白があると、多くの場合捜査機関は満足してしまい、それ以上の原因究明を怠ってしまいがちです。自白に依存することは、真実解明を妨げる危険も大きいのです。

自白に依存しているSBS仮説をそのまま容認することができるはずはありません。SBS仮説は、0から見直す必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です