解説「SBS/AHTについてのかみ合った議論のために―AHT共同声明を中心に」を公開しました。

このブログ開設以来、SBS検証プロジェクトは、約2年半の間に多くの発信をしてきました。これまでの発信のうち、特に「AHT共同声明」の問題点について、1つにまとめた解説「SBS/AHTについてのかみ合った議論のために―AHT共同声明を中心に」SBS検証プロジェクトのホームページで公開しました。是非ご一読ください。→こちら

4 replies on “解説「SBS/AHTについてのかみ合った議論のために―AHT共同声明を中心に」を公開しました。”

  1. […] その他にもフォーラム記事には、三徴候の診断について、「医師は様々な検査をして三徴候以外にも骨折やあざなどの身体状況、病歴、発達などを見て、親の説明を聞き、総合的に判断します」「日本、米国、スウェーデンの小児科学会など世界の15団体が、法廷では医学的根拠のない仮説が飛び交う状況になっているなどと指摘する国際共同行為声明を発表しています」などと、私たちから見れば、首を傾げざるを得ない内容が、何の留保もなく記載されています。これらの記述がなぜ問題なのかについては、これまでこのブログで繰り返し指摘してきましたので、ここでは繰り返しません。また、SBS/AHTの最近の議論状況、特にフォーラム記事にあるようなSBS/AHTを主導する立場からの反論については、季刊刑事弁護103号(2020年秋号)の特集「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)事件の現在地」でも詳しく述べられています。これらの記事を是非参考にしてください。 […]

  2. […] その他にもフォーラム記事には、三徴候の診断について、「医師は様々な検査をして三徴候以外にも骨折やあざなどの身体状況、病歴、発達などを見て、親の説明を聞き、総合的に判断します」「日本、米国、スウェーデンの小児科学会など世界の15団体が、法廷では医学的根拠のない仮説が飛び交う状況になっているなどと指摘する国際共同行為声明を発表しています」などと、私たちから見れば、首を傾げざるを得ない内容が、何の留保もなく記載されています。これらの記述がなぜ問題なのかについては、これまでこのブログで繰り返し指摘してきましたので、ここでは繰り返しません。また、SBS/AHTの最近の議論状況、特にフォーラム記事にあるようなSBS/AHTを主導する立場からの反論やその評価については、季刊刑事弁護103号(2020年秋号)の特集「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)事件の現在地」でも詳しく述べられています。これらの記事を是非参考にしてください。 […]

  3. […]  その後、アランさんは何度も再審請求をしましたが、なかなか認められませんでした。アメリカでも再審が認められるためには、確定判決時とは異なる「新たな」証拠が必要とされることが大きな壁として立ちはだかっていました。そこで、弁護団は、一計を講じました。SBS/AHT仮説を支持する立場から出された「AHT共同声明」を最大限活用することにしたのです。弁護側が「AHT共同声明を活用する」というのは、不思議に思えるでしょう。実際、このブログでも何度か批判してきたとおり、AHT共同声明は、循環論法、確率の誤謬や自白への依存など根本問題に答えない一方、批判説が提示する他原因の可能性をそれこそ根拠なく「根拠がない」と決めつけるなど、非常に多くの問題を含んでいます。そもそも、医学の正当性は多数決で決めるものではありません。エビデンスと論理で判断すべきものです。あたかも政治声明のような「共同声明(consensus statement)」というスタイルそのものが不自然です。しかし、他方で、AHT共同声明もすべての批判を無視することはできませんでした。従前のSBS/AHT仮説の修正を余儀なくされ、そのことを表明せざるを得なかったのです。オハイオの裁判所は、その修正を受けて、次のとおり述べます。 […]

  4. […]  その後、アランさんは何度も再審請求をしましたが、なかなか認められませんでした。アメリカでも再審が認められるためには、確定判決時とは異なる「新たな」証拠が必要とされることが大きな壁として立ちはだかっていました。そこで、弁護団は、一計を講じました。SBS/AHT仮説を支持する立場から出された「AHT共同声明」を最大限活用することにしたのです。弁護側が「AHT共同声明を活用する」というのは、不思議に思えるでしょう。実際、このブログでも何度か批判してきたとおり、AHT共同声明は、循環論法、確率の誤謬や自白への依存など根本問題に答えない一方、批判説が提示する他原因の可能性をそれこそ根拠なく「根拠がない」と決めつけるなど、非常に多くの問題を含んでいます。そもそも、医学の正当性は多数決で決めるものではありません。エビデンスと論理で判断すべきものです。あたかも政治声明のような「共同声明(consensus statement)」というスタイルそのものが不自然です。しかし、他方で、AHT共同声明もすべての批判を無視することはできませんでした。従前のSBS/AHT仮説の修正を余儀なくされ、そのことを表明せざるを得なかったのです。例えば、共同声明は、従来は、「3m以上の高位落下や高速度交通事故、凝固異常」だけが除外診断の対象であるかのようにされていたSBS/AHTの診断について、「 AHTの診断にあたってはAHTに類似する様々な症状を来しうる病態の除外を行う必要がある」と述べるようになりました。オハイオの裁判所は、それらの修正を受けて、次のとおり述べます。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です